知的財産センターは,龍谷大学の学術研究の成果を大学の知的財産として管理・保護・活用・育成し,社会の発展に寄与することを目的として,龍谷大学が2003 年に特許庁の知的財産管理体制構築支援事業に採択されたことを契機として整備を進め,知的財産管理アドバイザーの援助を得て2005 年4月に設立されました。

最も重要なミッションの一つとして,本学における特許出願のサポートがあげられますが,知的財産センターはこれにとどまることなく,様々な活動を実施しています。たとえば,学生の知的財産への関心を高める取り組みとして≪知的財産セミナー≫を春・秋2回実施しており,発明創出活動を奨励する奨励制度(発明新人奨励費・発明功労奨励費)を導入しています。

近年では,龍谷エクステンションセンター(REC)と共同して,国内大学の最先端技術シーズと産業界とのマッチングイベントであるJSTとNEDOが主催する≪イノベーション・ジャパン≫や大学等研究機関が所有する特許を実用化(技術移転)させることを目的としたJST主催の≪新技術説明会≫に出展し,本学発の技術の民間企業等への移転活動の促進を進めています。これらの取り組みを通して,研究を通じた知の創造と展開という大学の主要な役割の一端を担っております。

知的財産センターは,龍谷大学の社会貢献活動を支援・推進する RECおよび研究活動を支援・推進する研究部と有機的に連携した「三者一体」の体制のもとで,知的財産管理を一元化し,ワンストップサービスを実現していきます。

このページのトップへ戻る