最新情報

滋賀県食品産業協議会による農学部の施設見学と意見交換・交流会を開催

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年12月4日

八木会長:挨拶
土居学科主任:挨拶
山崎先生による施設案内
朝見先生による施設案内
宮崎先生による施設案内
交流会の様子
会員企業の商品

 12月2日(水)、滋賀県食品産業協議会に加盟する会員企業等の皆様を迎えて、本学農学部の施設見学と食品栄養学科教員、RECとの意見交換・交流会を開催しました。

 滋賀県食品産業協議会は、滋賀県内の食品製造団体や食品関連企業の25会員で構成されており、各企業それぞれに滋賀県産の食材や資源を活用した商品開発に取り組まれるなど、多様な活動を展開されています。今回の意見交換・交流会は、それぞれの取り組みを紹介し合うことによって、新たな連携が模索できればとの考えから企画されました。

 施設見学の冒頭には、滋賀県食品産業協議会 会長の八木 幸子 様((株)比叡ゆば本舗ゆば八 代表取締役)からご挨拶をいただき、農学部食品栄養学科 土居 幸雄 教授(食品栄養学科主任)より歓迎の挨拶をさせていただきました。その後、農学部の関連施設のある瀬田キャンパス9号館の施設見学を行いました。

 施設見学では、土居教授の他、食品栄養学科の宮崎 由子 教授、山崎 英恵 准教授、朝見 祐也 講師の案内によって、給食経営管理実習室、オープンキッチン、調理学実習室、食品加工実習室、植物培養室、ヒト代謝実験室など農学部の最新の施設・設備の見学を行いました。参加された会員の皆様は、先生方の説明を聞き、最新の設備にご関心いただいたご様子でした。

 施設見学の後は、会員企業が製造している様々な商品を囲んでの意見交換・交流会を行いました。参加された会員の皆様からは商品紹介と共に自社の課題や本学農学部との連携希望案件が紹介されるなど、活発な意見交換が行われました。

 本日の交流をきっかけに、「滋賀県」を軸とした新商品開発などの展開ができるよう、滋賀県食品産業協議会と本学農学部との連携を今後も進めていく予定です。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る